So-net無料ブログ作成

昼ドラ 赤い糸の女 ネタバレ20話

昼ドラ 赤い糸の女 ネタバレ20話

もう半分来たのかな

さていけないバイトを始めた唯美
また芹亜に騙されている

さてどうなるか?

芹亜に言われて体を売る唯美だが
寺坂からの電話に思わず…

寺坂と昼食の場面

寺坂は両親に話してくれたのかと唯美に聞くが
結婚の話だ

唯美は結婚の返事がいいのかと聞き出す
そして唯美は「私でいいのか?」とそして「結婚したい」と切望するが
内心は焦りを隠せず

唯美は実家で父親にあって欲しい人がいると伝え

継母は寺坂に会った印象は、体格がでかくて田舎じみた感じだと
寺坂をかなりの低評価

父親が恋人なのか?と継母に尋ねると
「冬ごもりから出てきたくまみたいなタイプ」だと寺坂を揶揄する継母
(よくわからん例えだね~)



唯美の部屋で落ち着かない寺坂
「この部屋に男がくるのははじめて」だと寺坂に言う唯美
寺坂は落ち着かない

そしてリビングで会う
寺坂はいきなり、
「不躾ですが、お嬢さんをください」と堅苦しい挨拶をする
父親は「固くなるな」とビールをつぎ

寺坂は緊張でむせ返っている

そこで義理の弟くんが皮肉って
「冬ごもりから出てきたくまか~」と一言

父親は寺坂のことを聞いている
会社はどこにあるとか?従業員は何人だとか?
ありきたりの質問だ

そんな質問に戸惑いながらも答える寺坂
それを見て唯美は
浄水器でろ過した水で水割りを飲むと美味いと父親に言う

浄水器の話になると寺坂は饒舌になる

父親・継母はなんのことかわからず聞いているが
父親が家はわりと自由な家風だから
本人同士で責任もって結婚すればいいと言う

「ありがとう」一言 寺坂
「幸せにして守りぬく」と

その後口づけして今日の反省を行う寺坂と唯美
二人は愛しあっていると確認する

そのころ実家では父親と継母が食事している
父親
「あの程度の男はざらにいるな~」
継母
「あなたならもっと将来性のある男を見つけられるのに」
(ま~ひどい評価ですね)
「でも悪い男じゃないから」と
とりあえず安堵で話を終わる

そこに唯美は戻ってきて
お金の話がでてきてすこし落ち込む唯美


父親から
「いつごろ結婚だ」と質問されたことにも感心なく放心状態で
「えっ何が」と答える始末

そして仕事場
夕刻にメールで指示がくる
メールにて
7時にワインバー アクアブルー。 とだけ

なんとも完結なメールで

で指示にしたがってワインバーに行くとそこには男がおり
そんな毎日を過ごしていた唯美

1ケ月が過ぎたころには大分借金も返せていると

そして弁護士事務所で芹亜と会う

芹亜は
「がんばったわね、この1ケ月休んだのは2日だけ」と書類を渡す
「ほんとだわ」と唯美
祭日は2人も相手して、150万稼いだという芹亜
あと1ケ月半頑張ってと

唯美が聞く
「あの客はどこからひっぱってくるの?」

芹亜
「大変なのよ~、ホテルで5万と食事に交通費そんな客をさがすのは」
「この前の人は横浜から来てるあなたの実家(バー谷間のゆり)から来てる人じゃないの」と突っ込む唯美

いろんな人がいると 語る唯美 この前は縄を持ってたと
「そんな客が居たら言ってね、ブラックリストに乗せるから」と芹亜

上から目線の人が多いから嫌だと唯美は文句をいい
ちゃんとセレクトして と芹亜に言う

そんな話をしている時森下は聞いていた様で
唯美が帰ったあとでてくる

唯美に客をみつくろっているのは俺だという森下
「どう、昔振られた女に男を紹介するのは?」と意地悪な質問をする芹亜

「世の中不思議だな」と言い出す森下
「俺の付き合っている女は唯美と一緒の仕事場だ」と
(ちなみに森下の付き合っている女は鬼奴です)

「だめよ~まだ1ケ月半あるんだから」と怪しい笑顔で森下に語りかける芹亜
何か裏がありありだ。

職場の更衣室(近頃このシーンから始まるの多い)
鬼奴と鏡の前でしゃべる唯美
「近頃きれいになったんじゃない?」と鬼奴
「恋人とうまくいっているのね」

結婚するのと唯美は言う
9月くらいにと
鬼奴は驚いて
「いいわね、素直に受け入れられて、結婚なんて」とひがみなにかわからんが語り

「あなたも結婚すれば」
「なんか麻痺しちゃてるから結婚なんてできないな~」と鬼奴

「おめでとう」と鬼奴

そしてホテルで
おじさんとベッドを共にしている唯美

おじさんがことが終わったと告げ唯美に背広をとれと
背広を渡す唯美

そしてお金を渡すおじさん
「これとっといて、何か好きなものを買えばいい」と
唯美は
「いいんですか?」それしかいえない

「からだを大事にね、若さはあっという間だ」としみじみ語るオヤジ

まちを歩く唯美ふと洋服店の前で止まる
一度はいこうとしたが再度立ち止まり
男ものの背広を見ている


そして場面は結婚式の話をしている
神社でやるとか なんて

結婚式をする場所は
都内ですか? など場所をすすめる店員

9月の後半予約取れるか聞く唯美
ま~大丈夫だという店員 交渉してみると

寺坂の父親と同居してもいいと唯美は寺坂に
大きめのマンション借りないとだめだと

当分共稼ぎだからお父さんに料理を作ってもらいましょうと提案する唯美

ほんとに同居いいのかな 再度確認する寺坂に
快諾する唯美

そして唯美は寺坂にブレザーかなプレゼントする
大喜びの寺坂
その場で着て、有頂天になる寺坂
「オットコ前だろ~」と店員に絡む寺坂
(でもBGMはオリビアを聞きながらだよ)


「とても良く似合う」と唯美は言う

寺坂は改まって
「今日はこのまま帰るのおしいな」
「唯美とはあまり会えないし、ホテル行こうか」と誘う寺坂
「もう我慢出来ない」なんて
でも今はまだ気持ちの準備がと慌てながら断りを入れる唯美
「すまない」と寺坂は慌てながら謝る
やってしまったと悔やむ寺坂
「駄目だ、どうしようもないバカだ」と自分に突っ込んでいる

「ごめんなさい、ごめんなさい」と泣きながら何度も謝る唯美

それを見て寺坂は
「一生愛する」と

唯美は思っていた
今のバイトをしていなければ
寺坂と何も考えることなくベッドインできたのに と悔やんでいる様子

寺坂の純情に泣き崩れる唯美だった

それからしばらく後
バイトをしていた唯美
男は唯美の相手の仕方に不満を覚える
やり方が~なんて
そして決定打を放つ
「そんなんでは困るな~こっちは10万もだしてるのに」とつぶやく男
「10万円~」驚く唯美

10万でホテル代と食事代も男もち これはと怒り新党の男
一応商売だからそれなりのことをしてくれないと
吐き捨てる様に文句をいいながら出ていく男

そして10万と騙されていたことを知る唯美

芹亜を呼び出す

「どうしたの唯美、急に」芹亜が喫茶店に入ってくる
「あなたってホント最悪な女ね」唯美が切れまくりながら芹亜に
「何が~」ととぼける芹亜
「ぼったくりやがって、金儲けしてるんじゃないわよ」とジュースを芹亜にかける

そして笑いだす、いや笑い狂う芹亜

これが芹亜の正体だとわかっていたはずなのに…


次回は来週ですか?
いきなり首をシメられてる鬼奴
森下ともめたようだ

そして最後のバイトを終えた唯美

寺坂との結婚式も控えているさなか

寺坂に会いに行く芹亜
そこで重大なことをしゃべる…

はたしてどうなるのか?


幸せからどん底に またその繰り返し
芹亜に振り回されながら唯美は過ごしているね

寺坂とどうなるんだろう


赤い糸の女 ネタバレ 最終回 ってどうなるのか?
いまから予想ができないよ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。