So-net無料ブログ作成
検索選択

昼ドラ 赤い糸の女 ネタバレ25話 [昼ドラ 赤い糸の女 ネタバレ]

昼ドラ 赤い糸の女 ネタバレ25話

会社を辞めて、信州上田にいくと宣言する唯美


豊子に誘われてるのか?
と執拗に継母に聞かれている

人形を持って帰ってきたことに異様にこだわる継母

唯美は豊子からもらった人形をだきながら決意を改める

翌日会社にて辞表を提出する
とめられたが決意はゆらがず

会社にまだ借金があることを父親に言い
立て替えてと話をし
信州上田で織物作家に弟子入りしたいと
父親に話、理解してもらう

織物作家と実母豊子の場所がたまたま一緒だったと理解する父親だった。

実家に栃彦から電話が入る
琴子も弟子入りを許可したようだ
麻衣子の母親の尽力もあったようで

しっかりと話しが通じたようで
家族の理解も得られたようだ

会社では、引き継ぎを行い1ヶ月が過ぎて行く

家に帰ると、唯美の送別会だと家族も少しにこやかだ

自宅でフランス料理

家族団らんで送別会は過ぎていく
本当に感謝している唯美だった

父親から豊子とは一緒に暮らさない方がいいと釘はさされるが

唯美はふと豊子と昔暮らしていた時のことを思い出す。

あるものを探していて見つからず切れまくっている豊子
そしてテレビを見て楽しんでいる唯美を見て
いっしょにさがせと切れまくる

そんな自分のペースを乱されていたことを思い出す。

でもそんなに気にしていなかったが、父親の忠告どおり
上田に行く日取りは内緒にしていたようだ

場面は信州上田に移る

麻衣子の母親にお礼をかねて訪ねる

麻衣子の母親に家に住めと進められる


そのころ実家では
芹亜が訪ねてくる
鼻がおかしくなったから見てくれと
特に問題ないと診断するが、ちょっと手術をすると

そして唯美はどこに行ったのかと尋ねる

そして上田

琴子に挨拶にいくなり、3年間無休で働けと言われ
さらに今すぐやるんだと仕事に入る

しかし希望にみちている唯美だった


さて来週は

工房で働く唯美

そこで弟子の栃彦は麻衣子の姉との縁談が決まっていると知り…

麻衣子の部屋で寝る唯美は、麻衣子の霊?を見る…

どうなりますか、麻衣子の姉 小沢真珠の本領発揮かな?


ところで唯美役のマナさん

リアルでもお熱いようで(ちょっと言い方があれか)

ピアニストの村松崇継との交際話がでていましたが
ブログで否定していますね~

仲の良いお兄ちゃん的存在なんだって

赤い糸の女のドラマとのカラミでドラマか現実かわからなくなる人もいるんだろうね
だからこんな報道がでるのかな?

実際はどうかわからんけどね…



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。